スタッフブログ

二子玉川駅徒歩3分の美容室 髪質改善アトリエ ミム (atelier mim)
【提案】日焼け予防のブログは多いけど、日焼けした後のケアのブログなくないですか?

こんにちは、カワナベです。

約1ヶ月後、僕は実家のある群馬に帰っていいのだろうか?

そんな思いを抱きながら日々生活しています。

今回はタイトルにもある通り、日焼けしてしまった後のケア方法を書いていきます。

なぜ書こうかと思ったと言いますと日焼け予防のブログや記事はけっこう見るけれど、日焼けしてしまった後のケア方法ってあんま見ないなと感じたからです。

という事で今回は。

【提案】日焼け予防のブログは多いけど、日焼けした後のケアのブログなくないですか?

です。

予防はしていたけどお肌が日焼けしてしまったらどうするか?

  • 1、炎症をおさえる。
  • 2、化粧水や保湿スキンケアをする。
  • 3、美白アイテムも使ってしっかりケア。

まず日焼けには二種類あり、それは『サンバーン』と『サンタン』です。

『サンバーン』は、紫外線を浴びた数時間後から起きる炎症性の紅斑反応の事です。

要は肌が赤くほてった状態です。赤ら顔になるとも言います。さらに紫外線を浴びた量が多い場合は、酷い場合ですと水ぶくれや腫れだったり痛みが出る事があります。

『サンタン』は、サンバーンの赤みが消える3日目頃から生じる褐色の色素沈着反応です。

褐色になる理由は肌の中でメラニンの産生が進み、そのメラニンが周囲の細胞へ分配されることで起こります。サンタンは遺伝による影響が大きく、元々皮膚の色が濃い方ほど紫外線を浴びた後の色素沈着が強く生じる傾向があります。

簡単にいうと、赤くなる日焼けor黒くなる日焼けという事です。

このサンバーンとサンタンの状態でケアの方法が変わってきます。

1、炎症をおさえる。

日焼け直後の赤みの正体は、『炎症』と『毛細血管拡張』です。

炎症とは身体の免疫システムによる反応で、細菌やウイルスなどの異物を排除したり、傷ついた細胞を除去したりするときに起こります。

例を挙げると肌を通して体内に異物が侵入したり、細菌感染によって肌細胞が破壊されたりすると、僕たちの身体はそれらを排除するために、白血球などの免疫細胞を集めようとします。

その結果、血流を良くしようとして血管を拡張したり炎症部位に体液を集めたりします。これが毛細血管拡張です。

なので日焼けした直後のサンバーン状態では肌の赤みを抑える事がポイントです。

2、化粧水や保湿スキンケアをする。

赤くなったお肌のケアは、まず冷やす事が大切です。火照って赤くなった炎症を鎮めてくれます。

冷やした後は、化粧水を使い保水ケア&保湿をしっかりしましょう。

化粧水はメントールの入っていないものが刺激が少なく良いです。男性の場合、外に出た後に汗拭きシートで拭きがちですが避けた方がいいと思います。

もし痛みが酷かったり水ぶくれができた場合は皮膚科で診てもらうことをオススメします。

美白化粧品の中には刺激の強いモノもあるので、日焼け直後は避けサンタン状態になる手前からがベターです。

次の項目で書きます。

3、美白アイテムも使ってしっかりケア

まず第一に美白化粧品の働きは『シミの生成を防ぐ』という予防的な働きをします。

予防になりますので今あるシミを消す働きがあるわけではないのです。

一般的に、肌に紫外線を浴びてからメラニン(肌が黒くなる原因の色素)が定着するまで3日かかるといわれています。

要はサンバーンからサンタンの状態に移行するまでにケアできれば1番ベストです。

肌を黒くするサンタンが起こるまでの間にきちんと美白ケアを行っておけば肌が黒くなるのを防ぐことができます。

そのため、サンバーンによる炎症がおさまったらすぐに美白ケアを始めましょう!!

予防はしていたけど毛髪や頭皮が日焼けしてしまったらどうするか?

  • 1、絡まりやすくなっているのでシャンプー前にブラッシングする。
  • 2、そのあと、優しく頭皮と髪をシャンプー。
  • 3、抗炎症作用、抗酸化作用のあるヘアトニックやアウトバスでケア。

お肌はわかったけど頭皮はどうにしてケアするか?を書いていきます。

1、絡まりやすくなっているのでシャンプー前にブラッシングする。

お肌同様、日焼けしてしまった髪の毛はとても敏感な状態にあり、ガシガシ洗うのはNGです。

なのでまずは、優しくブラシを使って梳かしていきましょう。

ポイントは絡まっている部分をなくしてから、シャンプーすることです。

髪の毛は濡れている状態と乾いている状態だと、濡れている時の方が髪の強度が下がります。

なので日差しを浴びて傷みやすい状態+濡れている時に絡まってしまうと、切れ毛や枝毛の原因となってしまうんです。。

なのでまずはブラッシングをして絡まりにくい状態からケアをしていきましょう。

2、そのあと、優しく頭皮と髪をシャンプー

ブラッシングが終わったらお次はシャンプーです。

ここで気をつけたいのが、あまり擦らず優しく洗うということです。

日差しという強い刺激を受けた後に、強く擦ってしまうと頭皮が傷ついてしまいます。

あとは洗浄力の高いものやメントールが入っているものはオススメではありません。

泡立たないシャンプーやアミノ酸系の洗浄力が低いもので洗っていきましょう。

アトリエミム で大人気の泡立たないシャンプーの口コミはこちら←をクリック

スイーツの香りで洗うというコンセプトの元に企画開発された、泡が立たない全身洗浄剤です。

2018年にはダマスクバラ花油とオリジナル香料をブレンドした今までに無い至福へ誘う香り「ロザレス」も新登場。

余分な皮脂を取りすぎないのが特徴で保湿効果が高く、シャンプー、トリートメント、メイククレンジング、洗い流さないトリートメント、ヘアークリーム、スタイリング剤、ボディソープ、シェービングクリームなどの様々な使い方が出来ます。

時間が短縮され、バスルームが癒やしの空間に変わります。

これが本当のオールインワンですね。

乾燥肌の方は油分を補い、脂っぽい方はオイルクレンジングで丁度良い状態にしてくれます。

カワナベ
カワナベ
若者女性にはピーチやマスカットが、大人女性にはラベンダーやローズが人気です!!

そしてアミノ酸系シャンプーはこちら←クリック。

なんといっても潤いを残しながら、とても柔らかく仕上がります。

カラーやパーマ後の残留物の除去もしてくれます。

3、抗炎症作用、抗酸化作用のあるトニックやアウトバスで仕上げる

そして最後は抗炎症作用、抗酸化作用のあるもので仕上げていきます。

日焼け後の頭皮や髪の毛はとてもナイーブな状態です。

優しくしっかりケアをしましょう。

ただ保湿をして炎症を鎮めるだけでなく、血行促進やヘアサイクルの活性化を促したりハゲの予防をしてくれるものがあるので、そちらがオススメです。

こちらは保湿効果の高いアロエベラ液汁を50%以上も含んだ頭皮用の化粧水です。

アロエベラに含まれる成分で注目なのが『ムコ多糖』です。

免疫機能を強化したり、自然治癒力を高めると言われています。

髪の毛の日焼け後のケアはこちらのブログを←クリック

このようなものを使って日焼け後の頭皮や髪を労っていきましょう。

以上、【提案】日焼け予防のブログは多いけど、日焼けした後のケアのブログなくないですか?でした。

皆さんの参考になりますように。

Tel →0337003772

LINE@→@phd7125d

カワナベ
カワナベ
ご予約以外でもご相談だけでも構いません。ご連絡お待ちしております。