未分類

二子玉川の縮毛矯正・髪質改善の美容室 アトリエ ミム
アトリエミム 二子玉川店、ダメージをなるべく抑えるカラー

こんにちは、最近携帯のゲームにハマっております!ブログ書かないとと思いつつ、ついついゲームに時間を裂いてしまい、ゲーマーに逆戻りしてしまった菅原です!

 

ゲーマーよりブロガーになってたはずだったのに

 

昔は毎日書いてたんですけどね、お店の良さを伝えたく。コツコツコツコツと

 

ゲームはそこそこにして、またこれからお店の良さを伝えれるようにしていきます。

 

今回はカラーの話を

当店のカラーは痛まない

 

を重視しております。

 

縮毛の記事でも散々書いてますが

 

 

痛まない秘訣はアルカリを減らすことですね〜

 

ただ、明るくするためにはアルカリは必要なので。今回は明るくしない、色を入れる人向けの記事となっております。

 

当店のカラーはトーンダウンの時、アルカリを使ってない特殊な染料を使っております。

 

が、その前に、前処理というものをしていきます。

 

髪の毛にカンジュウ物質と呼ばれる栄養や、

 

カンジュウは漢字が難しいのでカタカナで(笑)

大きさの違うタンパク質を髪の毛に乗っけていきます。

 

髪はダメージすると穴が空きますが、その穴の中に栄養を入れるのですが、大きさの違うタンパク質というのがミソです。

 

大きいのを入れて小さいので隙間を埋めるようにするとギュッと詰まるんですね。

 

大きいのだけでは隙間が空く、小さいのだけではすぐ落ちてしまうので、このギュッと詰めるため、そのような栄養を入れているんです。

 

栄養が詰まった状態でカラーを塗るから、カラーを塗っただけでも髪の毛の中身がつまり、手触りが良くなるんですね。

 

過去にまとめた記事があるので詳しく見たい方は

 

こちらをクリック

 

で。栄養をさらにスチームを当てめ中に押し込んでやるんです。

 

そこをさらにカラーで押し込んでいくのでダメージが抑えられるような感覚になるんです。

 

さらに押し込むカラーはアルカリを減らしてるので、従来のカラーよりも痛まないってわけなんてわずか、書くと長くなるので、今日はこのぐらいで

 

続きはまた後日書いていきます

 

 

続きまでない方はさっきのとこクリックしてください(笑)

 

とてもこだわってやってますので、まずはさわらの部分だけ。

 

ではまた今度書いていきます。

 

よっしゃーブログ書いた、帰ってゲームやろう!と思っている結局ゲーマーの菅原でした。

 

そして今日は天ぷらあげるぞ(笑)

«前ページ記事一覧