二子玉川美容室アトリエミムのブログ

色の印象

こんばんは!
タラコのおにぎりをチンして温めて食べると、焼きたらこおにぎりになるって知ってしまった菅原です!

やや半生です。

寒いこの時期皆様いかがしてお過ごしでしょうか?

白鳥は華麗に水面を泳ぎますが、水中では必死に足をかいて進んでおります。

一見お洒落に見える美容師さんも、人によってはズボンの下にタイツをはいたり。

ばばシャツを着たり、見えないところで、寒さ対策をして、お洒落を楽しんでたりします。

そんな季節、洋服の色もちと、地味になりがちじゃないですか?

いい言い方をすれば

落ち着いた。

悪い言い方をすると。

少し地味に、他多数と一緒になってないですか?

まわりに溶け込みたい方。それでいいです。しかし、何となくぱっと見た雰囲気にアイデンティティーを出したいような方、

ファッションに一部

を、取り入れてみたらいかがでしょうか。

赤は注意、注目を引き、人の印象に残りやすい色と言われております。

地下鉄の線の色を決めるときも、赤色、丸の内線の色は人気だったそうな。

それだけ目立つ、注目を引く色なので、一部入れるだけで他と違う雰囲気を出せると、思います。

青はリラックス効果、誠実そうな印象を与えます。余談ですが、お客様に誠実そうと思われたく、青い服を多目に選んでます(笑)

緑はリラックスですね、自然をイメージさせるので、リラックス、鎮静効果、こちらも服に使えば優しそうな印象に?緑色の服?

次は黄色、こちら菅原さんおすすめです。
明るい人に見えて、黄色い部屋にいると長い時間いても、あっという間に感じるそうな、

ちなみに黄色と黒は危険な印象を与えますので、スズメ蜂とか、自然界には黄色と黒は俺は危険だぜ、という、サインらしく、赤よりも目立つ?とも言われております、かくれんぼに向かない色です。

ピンクは優しさ、取っ付きやすさ、女性的な、そんな印象ですね。

そんな感じで、洋服、髪の毛の色を選ぶとき、好きな色だけではなく。

どう見られたいか?を考えて色を選んでみるのもいいんじゃないですか!?

参考にしてください!

imgG53178434_1449485924946