二子玉川美容室アトリエミムのブログ

カットで動かす

お疲れさまです!ブログ書いてたら、色々あって、本文が消えて心が少し折れた菅原です!

最初から書き直しと。

さて、昨日はカットの癖を納める話をしましたが、今日はカットで動かす話をしようと思います。、
1度は美容室で言われたことがあると思いますが、短い毛を作る、軽くすることです。

昨日は収める時に軽くするって話をしましたが、一緒なの?って話になります。

一緒なわけあるかい!技術職を何だと思ってるんだ!

じゃあ、何が違うかというと、軽くする場所が違うんです。

頭を丸で考えた場合、正確には丸じゃないんですが、毛の流れもきれいな円じゃないですが、分かりやすく丸で考えます。

軽くする場所は、用はハチ、から上、丸で考えた場合、物を乗っけたら落ちなそうな所です。

個人差ありますが。

僕のなかでは天使の輪を目印にしてます。
天使の輪の説明は省きます。

で、その部分は髪が1度上に生えて下に落ちます。

つまり、上に生えてる部分に短い毛を作る、そうすると髪を支えてくれる部分になるので、その上に被ってくる毛を作ると下から支えてくれてボリュームが出るって話なんですよ。

が、皆さん、抜け毛を一本拾って真上に立てたことはありますか!?

僕は美容師になるまで無かったです、

あったかもしれないですが、意識はしてなかったです。

何を意識してなかったかと言うと、真上に立てるとヘニャって髪はなります。

ならば何センチからヘニャってならないのか?

さらに言うとギリギリたってる毛の上に、髪が乗って、ボリュームアップになるのか?

そうなんです、思ったより短い毛を作らないと髪の毛は支えられないし、ボリュームアップしないのです!

短い毛の量もどのぐらいだと支えられるのか?中々試したことある人は少ないと思います。

毛質にもよるし、生えてる方向、スタイルにもよるので一概に言えないです、ここは経験が物をいうところです。

ちなみに自分の頭で試したい方、失敗するとピンピンした毛が出てくるので、気を付けてください。

あとはドライヤー、スタイリングがんばりましょー、

文字数の関係で今日はここで終わりますが、考えて切ってる美容師が世の中にはいるってこと忘れないでください!

imgG53178434_1444563337108