二子玉川美容室アトリエミムのブログ

続。カラーの説明

こんにちは!しつこいようですが、相棒新シリーズ楽しみにしている菅原です!

そして、ロブスターを食べたことが無いので食べてみたい菅原です!

そして、しつこいようですがカラーの話を

昨日は明るい白髪染め、多少染まってなくても気にすんなさ、どうせ人には気づかないさ。

なんて話をしましたが、もう1つ理由があります。

それは、白髪染めシリーズ全部、一度暗くしたら明るくするのは難しいです。

何故なら白と、黒を同じ色に染めるため、濃い色が入っていて、抜けたら困るからしっかり定着してくれて、それが地毛より色が抜けないので

一度白髪染めをして、例えば、真っ黒にしたら負担なしでは明るくならないです!

なので、明るめから染めるのがおすすめですね。美容師は暗くしたがるけれど、しっかり染まらないのが、トラブルのもとですから、

このブログを読んだ人は明るめからやってね。

あと、白髪染めの時期、いつから白髪染めがいいか?

白髪生えてきたての30代ぐらいの方に多いです、

これは正解はないので、明るくして、目立たなくは出来たけど、やっぱり気になるって人はやった方がいいですが、これは本人が暗くなるのが嫌か、白髪見えたら嫌かの問題なので。

しかししつこいようですがあんまり人には気づかれないので

白髪気にするより、好きな明るさにしてほしいですが。

大分話がそれたので、

まとめると、明るいと完全には染まらないのが白髪、

しっかり染めたら暗くなる、明るくするのも難しい。

あとは白髪をとるか、その他をとるのか、

しかし、案外人からは見つからないのが白髪と言っておこう!

imgG53178434_1443695991496