二子玉川美容室アトリエミムのブログ

カットがうまい!と言われたい(^_^)

こんにちは、子供の寝顔を見てから出勤して、もう一回見てから、靴はいてもう一回見てから、遅刻しそうになった菅原です。

さて、お客様の悩みでおおい、収まらなくなった、広がるようになった、でもストレートとか嫌なのよ。カットでどうにかしてと。

がんばります!今回はボブの話、段差がないスタイル、あくまでも菅原流です。

今回は段差がない、レイヤー入れないスタイルのお話。

まず人間クセがあります、髪には動きがあって、動きに合わせた長さがおすすめです、が、そうすると毎回同じ長さになるので参考までに。

今回はボブと決まってましたので、

んで、収まるカットというのは、ずばり、髪の毛が自然に落ちる位置でとかす!そこで跳ねるところを切るのです。菅原流です。他の美容師さんの切り方を否定してるわけではないです。

落ちる位置で収まる所でぶつかる毛先を切っていく、その時のとかし方、ぶつかってる毛先の何処を切るかは企業秘密です!笑

んで、あとは軽くする場所、残す場所、教えません、秘密の場所です。

しかし!これだけは言わせてほしい!美容師目線でカットとしてないですか!お客様デザインプラス、やり易さ、ないがしろにしてる美容師多くないですかー!

まっすぐ切る、丸く切る、こだわってますね、やり易く真っ直ぐ切るにこだわってますかー!

美容師さんとよく聞く会話、(うちの店では聞いたこと無いけど)

どうですかと聞かれたお客様が、もう少し軽くしたいんだけど、したら担当さんが

軽くすると広がりますよ。

えーーー!僕がお客さんなら軽くした方が好きなのにって、思いますよ!

軽くして広がらないようにするのがお客様のことを考えるじゃないんですか!

なぜ美容師目線でカットを終わらせてしまうのか!

ホントに、お客様のことを考えたらそこでやめちゃうんですか!

あ!

お酒飲んでないのに暑く語ってしまった。

今回ボブ、ブロー、アイロンはしてません、まあ髪の毛が元々あまりクセのない方なので収まってるってのもありますが。

ちなみにクセって、言い方も僕は好きじゃありません、分かりやすくクセって言いますが個人的には動きです。

長くなってしまいましたがとりあえず今日も頑張ってハサミ動かしてお客様の心を動かせたらと。

マジメなブログの投稿でした。

imgG53178434_1418352332030

imgG53178434_1418352333508