山田 親史のブログ

髪の色はメラニン色素で決まる

人種により髪の色は黒色、褐色、金色などに分かれ、またそれぞれでも個人差があります。

この髪の色の違いは「メラニン色素」のバランスによって決まります。

メラニン色素は「ユーメラニン(黒・茶の色素で青み系)」「フェオメラニン(黄・赤の色素で赤み系)」の2つがあり、この2つが合わさってバランスの違いにより髪の色が決定します。

ちなみに髪は白髪が本来の状態で、この白髪にメラニン色素が加わることで、黒色などの髪色になります。

逆に言えば、この色素を作る細胞(色素形成細胞)が十分機能しなかったり、色素の元となる成分が不足するとメラニン色素が足りず白髪のままとなるのです。

日本人の髪は「傷みやすい」「黒い」という特徴がありますが、これはユーメラニンが多いためです(ユーメラニンは、フェオメラニンに比べて壊れやすいという性質を持っています)。

 

二子玉川 美容室 アトリエミム
電話でご予約の方 03-3700-3772
ネットでご予約の方 美容室 予約

記事一覧次ページ»