二子玉川美容室アトリエミムのブログ

去年の里帰りの、新幹線待ちで、そして、文字数が足りず明日へ続く

お疲れさまです、最近うちの息子がお茶飲むストローついてるマグカップみたいのをもっと、お父さんに向けてマグカップを近付けてくるんです。

渡そうとしてると思い。受けとると、え~んと、泣き出してしまい、でもまだやってくるから、とりあえず何か反応してあげないとと思い、持ってたコーヒーカップを

かんぱ~い

チン

なんてやったらめちゃめちゃ喜ばれた菅原です!

なぜ!?一歳の息子が乾杯をしたがったのか!?将来はお酒をよく飲む大人になる?心配だ~

さて、今日はかなり前振りが長くてすいません。

この時期になると、実家の食べ物や、実家へのお土産や。実家からのお土産何しようとか、そんなことを考えるのですが。

僕には去年、忘れられない会話を聞いてしまったのです。

去年だったかな?一昨年だったかな?いつかは忘れてしまった(笑)

とある女子二人の会話、一人はウェーブヘア、おそらく前髪は縮毛矯正で、後ろのウエーブはいわゆる癖毛でしょうな。

友達は、ストレートヘア、多分両方大学生

癖毛の友達が言うんです

いいな~、○○ちゃんはサラサラヘアーで、今日は広がっちゃって。広がらないよう何かしてるの

え~。今日はしてないよ~

え~何もしてないよ

そうなの?、私広がっちゃって、何もしなくてもこんなになるんだ

え~、私も広がってるよ

僕の心の声「いやいや、その毛は広がってないよ、そんなことを癖毛の人の前で言わないであげてよ」

癖毛の子

え~これで広がってるの?全然サラサラじゃん、カラーもしてるのに何で?

○○ちゃん

え~カラーしても広がらないよパーマじゃないし、何を言ってるの?といって笑う

むしろ癖があっていいじゃん、私なんてペタンコになって、いつも同じようになるし。

僕の心の声「く、話しかけたい、二人の会話全然噛み合ってない、てかわかってない」

何て思いながら盗み聞きしてしまったんですが。

髪の毛の悩みって案外他人にはわからないんですよね、癖があって悩む。サラサラで悩む、個人差はあれどみんなそれぞれ悩みというかコンプレックスを持ってるんですよ、そして、人には伝わらない。

みんな人の髪が羨ましく見えちゃうんですよね。

でも、みんな、それぞれいい所があって、つまり自分の髪を好きになってほしいんですが、明日に続く

imgG53178434_1449920565341