二子玉川美容室アトリエミムのブログ

困った時は昔のはなし

こんばんは!

料理できません!家事できません!不器用です!

でも、何故かリンゴの皮剥いたりするのは得意な菅原です!

うちは田舎だったんです、おやつはセロリやリンゴ、家に段ボールで、リンゴがあったので、皮剥いて食べるというのを繰り返してた、わけですよ。

不器用な自分も繰り返してやればうまくなった、美容師の修行もそうですね。

菅原さんは、高校時代学校は行ってましたが授業中は漫画か、寝てるか、たまにはサボるみたいな、ヤンキーとかではないですが、真面目かといわれたら、真面目ではない。

しかし、前にも書きましたが、公務員の専門学校中退して、美容学校に入ったので、この最後の学園生活は、真面目になろうと決めたのです!

そして、小学校の時皆勤賞をとった生徒に、羨望の眼差しを向けていたことのある菅原さんは、美容学校の、目標は皆勤賞を、目指すのです!

そして、僕の家は田舎だったので、朝の6時半ぐらいに家を出ないと間に合わないんです。

入学1週間、まだ4月、前回話したライター忘れた貸して作戦で、クラスメイトと話すことができ、少しなれてきた時です。

朝の6時は雪国は4月でも寒く。石油ストーブの前で着替えてました。ポットとか上に置いたらお湯が沸くようなストーブです。

突然肘が

熱い!

と、感じたわけです、いや、しかし、ストーブの前で着替えて約15年、今更そんな初歩的なミスはしない!

とっさに閃きこれはきっと虫がはいってる!

田舎はたまには洗濯物に虫が入ってて、気付かないで着ると大変な目にあうんです。

で、肘をぺちぺち服の上から叩いたら、

パキ

手応えあり、左手をしたに袖をパタパタしたら、黄色い蜂がポロ

第一印象は、

ん?でかくない?

でした。数多くの蜂に刺されましたが痛いと思っても、熱いと思ったことはなく、未知との遭遇だったのです。

珍しくハチだなと思って顔を見たら

あれ、これスズメバチじゃない!?

えーー??し、し、し、死んじゃうかも!

母ちゃん、スズメバチ!死んでる、俺まだ生きてる、どうしたらいい、

みるみる腫れていく左腕、めっちゃあせるわけなんです。

ま、母親は冷静で病院にいったという話なんですが。、皆勤賞、1週間で消えるという。

こうして菅原さんの、美容人生は始まるのだった。

前途多難を暗示するスズメバチの一撃でした。

imgG53178434_1446901843337