二子玉川美容室アトリエミムのブログ

カラーで書き忘れたことが!

こんにちは、最近何かやってるときに、別の何かを頼まれると最初の何かを忘れてしまう、年齢を感じる菅原です!

カラーの種類のことを書き忘れてましたね。

カラーの種類は色々あってわからない、そんな方ように書きます。

まず、菅原流の分け方なので、大きく分けると

髪を明るくする力、ブリーチ力があるかどうかに別れます。

これはファッションカラー、グレイカラー、育毛カラー(エイジングカラー)に別れます。

うちの店の場合ですからね、オーガニックカラーとか最近よく聞きますが、うちはオーガニック使ってたとしても、今のところこんな感じで分けてます。

んで。ブリーチしない、マニキュア、香草カラーにわかれます。

ちなみにブリーチというのは髪を明るくするものです。つまり、明るくできるカラーと、明るく出来ないカラーに別れます。

明るくできる方のファッションカラーは、色が鮮やかで、その代わり白髪が染まらないです。

グレイカラー、育毛カラーは、色が茶色が濃いです、明るさにも制限がありますが、白髪は染まります。

明るく出来ないやつは白髪を染めるためですね。ただ、茶色くは出来ません。黒髪になります。

そうゆうと明るくできる方が
いいカラー?って思われる事が多いのですが。
明るくすると言うことは髪の毛の中身を抜いてます

分かりやすくざっくり言うので正確には多少違いますが。

なので、ダメージ出ちゃうんです、全くダメージしないってカラーありますがほんとかな?って個人的には思います。

明るくしてダメージゼロ!

僕の知識不足か見たことない、むしろそんな広告疑ってしまいます。

んで。あとはブリーチしない方、メリットはなんと言ってもカブレずらいです!

個人の見解です

カブレるけど白髪を隠したいって人はこちらですね、マニキュアは、白いところに色が着くと茶色く抜けていき、香草カラーはあまり抜けずにしっかり染まるイメージです。

あと、ヘナもありますね、ヘナはやや抜け方はマニキュアに近いと思います、少しづつ抜けていき赤っぽく抜ける。

世の中白髪が気になるけど、アレルギー等でカラーできない方います。そうゆう方ブリーチの中のジアミンという成分に反応する方おおいです、明るくならないのはジアミンが入ってないというメリットあります。

ま、簡単ですが何かの参考になればとおもいます。