菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2017年1月16日 月曜日

二子玉川美容室自然なストレート頭皮髪に優しを約束する店長のブログ

こんにちは、最近寒くて朝起きれない、雪国出身の菅原です。
ついに起きる時間に合わせてエアコンのタイマーをセットしてしまいました、朝の寒さが身にしみる。

さて昨日の続きを書こうと思います。

アルカリを減らすことで髪に優しい、アルカリを使ったストレートは髪が潰れて偏平型、楕円型になって真っ直ぐになりすぎるというお話でしたが。

アルカリを減らしてるおかげでいいことは他にもあるんですね。


髪が潰れないので、自然な仕上がり、手触りがいい、普通のストレートにはない、自然な髪に近いツヤを出すことができます。

アルカリのストレートだと、髪が潰れてしまうので、パサついて見える毛先になったり、ここからストレートしましたって質感になったり、

不自然なんですよね、アルカリストレートしている方からすると、自分の癖の部分と、真っ直ぐになっているつなぎ目の部分がはっきりわかるっていうのは凄く気になるみたいで、まだそんなに広がった感じがしないのに、お客様から

もう限界

何て言われていたことも昔はありました。

アルカリストレートをやめて、持ちが良くなったって言われることも増えましたね。








なぜだろうと思うっていたんですよ、ストレートの種類が変わっても、髪が伸びなくなるわけではないし、

あるときお客様から言われたのです。

ストレートしてない部分どのぐらい伸びてますか?

ん?

そんなこと言われたことなかったぞ。
話を聞いてみると、つなぎ目がわからないというんですよね。
今までは根元から見て、

くせ毛からの

ピン!

となってる髪の毛だから

しっかりした髪から手触りの違いすぎる部分があるから触っていてわかったらしいのですが

アルカリを除いた自然な仕上がり、手触りでつなぎ目がわからないから、持ちが良くなって感じるのではないか

予想ですが。

時間が経ってもツヤは残るととの声も頂いております、その辺も持ちがいいと感じる要因なのでしょうが。

梅雨前にストレート考えてる方、その前に、今の時期に根元だけでも直しに来ませんか?

きっと違いがわかります、自慢のストレートの説明でした。

imgG53178434_1484530952896

imgG53178434_1484530955062

imgG53178434_1484530956456

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング