菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2017年1月15日 日曜日

二子玉川美容室まっすぐすぎないストレート、髪、頭皮に優しい店長のブログ

こんばんは!子供の夜泣きが最近復活してきた。夜寝れない日が続く菅原です!

12時に一度泣き出し、1時に泣き出し、2時半にベットから飛び出し、連れ戻したら泣き出し。

泣きたいのはこっちである、明日仕事であ~る。

そして、昨日の続きであ~る。

当店はアルカリを減らしたストレート、アルカリが無いと薬が効かなかった、足りない力を何かで補わなければならなかった。

それは何かと言うと、アイロン操作です。

ストレートや縮毛矯正と、呼ばれる技術は、髪をアルカリで柔らかくして、アイロンで潰して伸ばしていた、アルカリで髪が柔らかくなっていたので髪から水蒸気が出るのは御法度だったわけなんです。

水分はキューティクルの内側にいて、水蒸気を出して、アイロンをするとどうなるか、
水分は蒸発するときに体積が約23倍になるそうで、アルカリで柔らかくなった髪の毛の中で膨らんでしまったらキューティクルを吹っ飛ばして髪から蒸気として抜けていくようなイメージです。

なので、髪の負担は大きい、柔らかくなっていたのをアイロンで潰しているからまっすぐになりすぎていた訳なんですよ。
しかし、水蒸気を、出すようなアイロンをすると、よく伸びるんですよ、なので、昔ながらのアルカリ縮毛矯正をやってるお店では今もアルカリで柔らかくした髪に水蒸気出るアイロン、プラス、アイロンプレスと呼ばれる、3秒間押さえつけて、必要以上にしっかり伸ばしているお店もあります。
こうすると、ほんとにまっすぐになります、ロールブラシで髪にカールつけようとしてもブラシに巻き込めないぐらい、カールなんて着けたくてもつけれない、乾かせば何しても真っ直ぐになります!そして、塗らすとガシガシになります

カールアイロンや、ホットカーラーならカール着きますが、すぐ取れるし、普通の髪の方よりかなり弱いカールになります。

じゃあ、アルカリを減らしたストレートではどうするのか?もう勘のいい方ならピンと来てると思いますが。

この水蒸気の力を使うのです!

柔らかくなっていない髪の毛なので、アイロンで水蒸気をだしても、ピン!とすることはほぼ無いのです!

やろうと思えばできますが。

しかし!

続きは、後日書こうと思うのであ~る。



imgG53178434_1484483728446

imgG53178434_1484483729944

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング