菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2017年1月13日 金曜日

まっすぐになりすぎないストレート頭皮、髪に優しいを約束する店長のブログ

こんにちは、鈴木あみさんが第一子を出産したというニュースを見て、みんなどんどん大人になっていくんだなと実感した菅原です!

昨日個人のSNSに友達申請が来ました、昔よく飲みに行ったり誰かの家で鍋したり、よく遊んでた女の子、地元に帰ると言って10年ぐらい会ってない子ですね。

その子のSNSを覗いてみたら、一ページ目が最近第一子を出産したという写真。いいねが沢山。

僕も子供が欲しいけれど、、、、、、、

なんか羨ましいから
いいねしないでおいてやりました。

そんな心意気の小さな男、菅原ですが

ストレートには大きなこだわりを持ってやっております!

アルカリを減らす話をさせてもらいましたが、ダメージが少なくなるって話ですね。

他にもアルカリを減らすといいことがありましいて、

なんと仕上がりの自然さも変わってきます。

アルカリは髪を柔らかくするので、薬を入れるため、髪の扉を開かないといけない、そんためにはアルカリが必要ですが、扉を開けると同時に髪を柔らかくしてしまうような感じです。あくまでイメージですが。

柔らかくなった状態でアイロンを入れるから髪は真っ直ぐになるのですが、しかし柔らかい髪を熱で潰してしますというデメリットが発生します。

潰れてします髪が真っ直ぐすぎる髪の毛の正体です。

髪が潰れてしまうと風が吹いても真っ直ぐ、巻いてもすぐ落ちる、濡らすとガシガシ、

アルカリを減らすことは髪のダメージを減らし、自然な仕上がりにも影響してしまうのです。

しかし、アルカリがないと薬が入っていかないのに、なぜアルカリを減らしてしっかり伸びるのか、

徐々に書いていきたいと思います。

続く




imgG53178434_1484289519660

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング