菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2016年1月18日 月曜日

ストレート、誕生秘話

こんにちは!

久しぶりに営業中にブログを更新してる菅原です!

今月は何だかとても落ち着いております。

髪の悩みのある人是非連絡を!

営業トークでした。

昨日は、自称ストレートの生みの親の先輩の話をしましたが、

パーマ液を、粘性にして、まっすぐにしておけば、髪の毛はまっすぐになると考えたってゆう、話ですね。

板に張り付けて真っ直ぐにするという発送はすぐ思い付いたみたいなんですが。

張り付けるためにラップでくるんだりして、挟んだらいいんじゃないか!

と、やってみても、時間がたつとよれてたり、パーマ液に粘性をもたすしかない!

と、なったらしいのですが、液体のパーマを、どうやって粘性に!?

先輩が思い付いたのか、回りの人が思い付いたのかは知りませんが。


その人達は、なんと、パーマ液に小麦粉を混ぜて髪に塗って、板に張り付けたそうです。

粘性を持たすことで髪がよく張り付いて、小麦粉が一番よかったと、こうしてストレートパーマは生まれたのだ!

と、言ってましたが、そもそもなぜ小麦粉?他になかったの?

先輩に聞いてみた。

色々試した結果、小麦粉が一番よかったと。

いや、色々試したかもしれないけどね、髪に塗るのに小麦粉入れようってよく思ったよね、言い出したの誰か知らないけどさ、僕の頭が固いのでしょうか?髪に塗るのに食べ物を、混ぜたのお客さんに塗ろう!


って、よくなったなと思って、まあそんな事言い出すと、ブドウとか、蟹からとれたエキスとか柿の渋とか、シャンプー、トリートメント、その他に入ってたりするので、小麦粉ぐらいって先輩は思ったのかもだけど。

自分、お金はらって、髪に小麦粉つけられたくないな(笑)

しかし、この時点ではあまり伸びなかったのです。

なぜならアイロンがまだ無かったからです。


ストレートアイロンね。


あれは便利ですね、どんな髪も真っ直ぐに、しかし、使いすぎると髪に負担なので、お家で使うときは低温を心がけましょう。

そんなわけで、例えば、10の癖の髪を板に張り付けて、まっすぐにしても、5ぐらい残るんですよ、パーマも、5回転して薬つけたら5回転になるわけではないですし。


まだまだ、ストレート、縮毛の歴史は始まったばかり、クオリティーは低い、この先ストレートはどう進化していくのだろうか。

続く。

imgG53178434_1453092997182

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング