菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2015年12月10日 木曜日

私がおばさんになっても。

こんばんは!

最近甘い飲み物が好きだ、サイダー、ファンタ、スプライトなど炭酸も、コーヒー、紅茶に、砂糖ミルクたっぷりも、甘い飲み物をがぶ飲みしてしまう菅原です。

味噌汁は甘めは苦手です。


さて、休みの日にお店でスタイル写真をとった話を昨日しましたが。

営業じゃないので、有線で音楽かけながら、好きなチャンネルを選べる訳なんですが。

何となくナツメロを聞いてしまうんです、最近の曲はよくわからんのよ。

で、僕が印象に残ってるナツメロは、

森高さんの、

私がおばさんになっても。なんですね。

恐らく小学校3年ぐらいで聞いて、あの頃は意味がわからなかったけど、段々わかってきて。

たまにテレビとかで流れると素晴らしい歌詞だなと思うんですよ。

別に熱烈ファンとか、CD持ってたではないんですが。

ファン人すいません。

美容師をやってるとよく聞くんですよ、お客様から

もう年だから

おばさんなのに。


おばさんなのに!?え~!?まだまだ若いじゃないですか!?

って思う方も多いんですが。

僕は思うのですが、髪の毛のスタイルに年齢は関係ありません!

そりゃあ、洋服やメイクがおばさまになったら髪だけ若くしてもバランス悪いと思うんですが。

僕は35に来年なりますが、回りが年相応の格好をしていても、自分は年をとりたくないですから、急にパリッとした髪型にする気も無いですし。

年齢を理由に自分のスタイルの幅を狭めてしまうのは勿体ないと思うんですよ。

50才の人に女子高生の格好をしろとは言わないですけど。

50才の人が40才に見えるなら40才の格好をした方が素敵じゃね?って、思うんですよ、若ければいいってんじゃなくて、似合わなくない?って思うんです。

12月は親戚にあったり大胆なことをしずらいと思うんですけど。

新年少し自分を変えてみませんか?

髪の毛でいうと、たとえば少し明るくしてとか、パーマかけてみるとか。

とにかく自分の良さをもっと出して欲しいなと思います。

大人っぽい格好、エレガントなスタイルが悪いってんじゃないですよ、年だからとか、そうゆうのがスタイルを狭めてると思うんです。

なので。何でも相談してください、メイクなんかも聞いてもらえたら。


やりたいスタイルを我慢してる人もう一度チャレンジしませんか!?




imgG53178434_1449744447482

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング