菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2015年12月 3日 木曜日

お客様の声 パーマ編

こんばんは!

美容師の同期会の幹事をやることになりました菅原です!

渋谷です!鳥貴族しかしりません!はたして幹事はつとまるのか、不安で一杯です!


さて。今日はお客様にいただいた嬉しい声を紹介したいと思います。

カラーとパーマの方ですが。ダメージが思ったより少なく、パーマも持ちがよくて助かる、

と、言っていただいたわけです。

何故痛みずらいのか、薬をつける前にしっかり補修して、先日ブログで書きましたが、アルカリを抜いてるから。

ってのもあるんですが。


あとは、当店で使っている薬を軽く紹介します。

他のお店が10分~15分で1液、髪の毛を柔らかくするお薬の反応を終わらせます。

簡単にいうと、1液は、髪を柔らかくするものだと思っていただけたら。
鉄の棒を曲げるときは熱でとかして曲げて冷す、

髪の毛を曲げるのは熱ではなくこの1液なのですが。

熱でも曲がりますが、ややこしくなるので熱ではないとしておきます。

で、話を戻して、他のお店が全部のお店とは言わないですが、大体10分~15分で1液の反応を終わらせるとしたら、うちは大体5~10分、早いときは3分です。


デジタルパーマではなく普通のパーマですね。デジタルなら10分未満という話もよく聞きますが。

何故短くするのか、ようはアルカリに浸してる時間を短くしてるのです。

なので、ダメージが少ないわけです。


昔はそんなやり方したら持ちが悪いっしょ。

と、いっておりましたが

最近は便利なもので、短い時間で髪の毛の芯まで届くと言われてる、用は薬の反応の早い物が出てるのです。

昔この薬だけでかけようとしたら、持ちが悪い、乾かしたら伸びる、結局かかってないじゃん!痛みはでずらいのですが

なんて意見もいただきました。

しかし!世の中便利なもので、痛むけどかかる、痛まないけどかからない。

その両立をついにさせてしまったのです!

これは、話すと長くなりそうだ、ちと文字数が足りなそうなので、またも明日に続くでいこうとおもいます。

先にちらっと書いておくと、アルカリを少し使う、そして芯まで届く薬を入れておく、

全然わかんないですよね!明日詳しくかきますー

imgG53178434_1449143221478

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング