菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2015年11月26日 木曜日

就職が決まってから大変。

こんばんは!今日ご来店いただいたお客様に、ブログ早く更新しないとただのスロット好きの人に思われるから、不安になるから早く書いたら?

って突っ込まれたので、さっそく続きを書こうと思う菅原です!


そうなんです、わたくし菅原、ダメ人間だったのです。


しかし!某有名サロンに面接に行き、学校からしたらとても大事なコネクション、無謀にもうけ、お気楽に面接し、落ちたと思って県内のサロンを探していた菅原青年のもとに、結果の手紙が届くのだった。

なんと、合格


合格!


何度見ても合格!

だったわけです!


すぐ担任の先生に電話!うかりましたー!

おめでとう!

次の日ヒーローですよ、友達と2人しか受けないと思ったら、もう一人受けてて、そいで3人受かったのですが、全員受かるという快挙!

全員同じクラス、その後東京行って3人でシェアして住むのですが、


その前に学生生活が。あと半年ちょい残っているので、こっからが菅原青年の地獄?の始まり、今まで成績もいわゆるドベだったのですが、有名サロン、大事なコネクションの、サロンに受かってしまったので、急に先生達の態度が変わってしまったのです。練習少し気を抜こうものなら、あの店に行くのにそんなぐらいで休むのか、とか。

とにかく目のかけられ方が違うんですよ。
確か、合格した3人は強制居残りとかあった気がします。

僕らは2期生だったのですが。1期生で。そのお店に、合格した先輩が学校に顔を出してくれたときも、授業を休んで話を聞いてこいと、職員室に呼び出されたり。
とにかく特別あつかいです。
今まで期待なんて感じたことがないのに。

お調子者の菅原さんは、持ち上げられ、その気になってしまったのです!

そうして、ここから練習を毎日やるようになり、パチスロは、夜9の9時からしかいかなくなり、それでも毎月15万は買ってました(笑)

急に学園生活が、薔薇色になったのです(笑)

人間恐ろしいことに、回りの期待が変わるだけでこんなに変われるんだなと。

しかし、国家試験が近づいてきても。やってもやっても上手くならない、不器用な菅原青年に、徐々に先生達もやきもきしだすのであった。


ま、結果的に受かったのですが、

中々大変な思いをしたので、それも気が向いたらまた、書きたいと思います。

ちゃんと頑張ってた時もありますからね!

imgG53178434_1448541098567

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング