菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2015年11月 6日 金曜日

カウンセリング

こんにちは!

最近魚の目を髭反りで剃るのが楽しくてしょうがない菅原です!

危険ですので真似しないでください。

さて、本日初めて切らしてもらうお客様、新規の方ですね、担当させてもらいました。


ショートの方で、なんか自分にあってない気がするってことで、色々美容室にいったそうで、変じゃないんです、スタイルは素敵です。
ですけどあってない気がすると

僕もパッと見てそう思いました、んで、話を聞いてくと丸くしたいみたいですが、縦長だったのです。

んで。話を聞いて、最後に切る前に言っておきたいこありますか?、と聞いたら

切ってるうちに浮いていくんです。



用はポイントの位置。重さの位置が上に上がるってことですね。

切ってみて、確かにこれは上がると、

1か月前に切ったばかりということで、ここが足りないので少し丸くなったけど。やや、縦長がのこったままお帰りいただいたわけですが、もっと切れば丸くなるわけなんですが、今日はこのぐらいかなとなったんですが。


最近はお客様の言うことを聞かない美容師が増えてるらしいです、お客様の話を聞くとよく言われますね。

美容師はプロで、お客様が素人なんですよ。

悪い言い方ですが。

だから、プロとして、ここはこうした方がいいって言ってもいいと思うんですよね。

でも、髪の毛のプロっていいますが、やっぱりお客様に喜んでもらえるプロである方が大切なんじゃないですかね?

新規の方に初めから、浮くんですって、言ってもらえたら、縦長に、前のしなかったと思うんですが。


この辺の着地地点は難しいですよ、正解はわからないですが、一言、悩みは、こだわりは、ここはこうしてほしくない場所はと、最後の一言があるだけで違うと思うんですが。

自分はまだまだ美容師なので偉そうなことは言えないですが

それなりに長くやってきて、カットがうまい人より、気持ちを汲んであげれる美容師が売れてると感じますり
技術がよくて、喜ばせるの上手な日とは突き抜けますので両方できるのが理想ですが。

しかし、自分の意見を言わないと。お客様のオーダー以上の物はできないし。正解はどこなのか、僕もいつも悩んでます。

まだまだ道の途中、明日からもがんばらないと。

うまく言えないですが。悩みを解決して。プラスアルファーが出せる美容師になりたいと思った菅原でした。




投稿者 株式会社キングピンズギャザリング