菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2015年10月26日 月曜日

シャンプー台でかけているものとは!?

こんにちは!昨日は先輩と飲みにいって、隣の席の方に話しかけられ、先輩としたい話が、遅くなったわりにはあまりできなかった菅原です!

まあ、面白い話が聞けたのでそれはそれで個人的にはよかったかなと。

先輩ご馳走さまでした。


で、シャンプー台で、色々やってるんですよ。昨日ブログに書いたのはお湯をパシャパシャが大事ということなんですが、そのあとにつけるスプレーも大事なんですね。

髪の毛はカラーなど、したあとはアルカリ性になってるので、

弱酸性に戻さないといけないわけなんですよ。

それで流すトリートメントつける前に酸性よりのスプレーをつける訳なんですが。

何故弱酸性に戻さないといけないか、髪というものは生活してると痛むんですよ、シャンプーの摩擦、タオルの摩擦、究極歩いても髪は揺れる摩擦で傷みます。

つまり、弱酸性に戻さないと、摩擦等のダメージがより強く出るわけですね。

なのでしっかりスプレーしてるわけです。

シャンプー台でかけているものは、髪の毛のことを考えて、勉強して



手間隙をかけてるわけです!


2日に渡る長文の割りには面白くないギャグで締めました。

たまにお客様で美容室用のカラーが手に入るコネクションがある?お店を知ってる?とかって理由で自分でやってるって方に合うことありますが。

カラー剤だけ同じにしてもそんな理由で同じクオリティーは出せないんじゃないかなと思います。

シャンプー台での作業でも髪を痛めない技術というものがあるって理解してもらえたら嬉しいです!

ちなみに、一気に弱酸性に戻すと髪は負担がかかるそうなので、ホームケアのシャンプーが大事になってくるんですよ、

ホームケアのシャンプーも残りの傷む原因を取り除いてくれる物用意してありますので、興味のある方従業員に、聞いてみてください。

imgG53178434_1445858990209

投稿者 株式会社キングピンズギャザリング