菅原誠玉川沿いの赤い彗星

2015年9月28日 月曜日

またもや昨日の続き

こんにちは!

コーヒーブラックって缶に書いてないの何か買ってきてって、頼んだのに無糖を買ってきてくれた知人をもつ菅原です。

刺激の強いカラーの話をしましたが


髪を痛ませるのは知られてる話ですが


最近頭皮も痛ませるんじゃないかと。

市販のは染まりがよい。


その分刺激が強い。傾向がある

どの程度強いのかは物によるので絶対市販のはダメとか言えないですが

特に泡カラーでお手軽に2週間に1回染める人。たまにいます。

髪は非常に危険ですよ、仮に刺激がかなり強いとしたら。

毎回毛先まで染めてることになります。


泡の良さはやり易さ。

しかしそれが短所にもなり、塗り分けが非常に難しいです。


んで、刺激が強いの、毛先にも、頭皮にも毎回ついてるので。

毛先は痛む、さらに、頭皮の刺激も


これが実にやっかいで。頭皮を老化させる原因になって可能性があります。

ちなみに、当店、そういった髪、頭皮よくない残留するものを取り除いております。

カラーも刺激はある方ではないと自負しております。


若返りたく、白髪を頻繁に染めることがかえって外の老化を早める場合があるんです。

ちなみに頭皮が老化、下がると、顔、目尻、バスとライン、ヒップライン

全部!

下がると!

言われております!

断っておきますが。

市販のカラーをするなと言うことではないです。


時間がないときなどはすばらしいアイテムだと思います。

ある程度技術がない人が染めても染まるために、刺激を強くしている、気遣いだと思います。

まあ、やりすぎは注意してもらって


なお、自分でやり過ぎて色のムラ、毛先が色を吸い込んで真っ黒になった場合は中々治せません、それこそ髪に刺激を与えなくてはないので、できればカラーはカラーも、プロに任せてもらいたい、

そんな本音も伝えながら、今日も仕事頑張ります。



投稿者 株式会社キングピンズギャザリング